腸内細菌の驚異のパワー

腸内環境というと腸内フローラという言葉が思い浮かびます。
かなり前になりますが、NHKのスペシャル番組で同タイトルの番組がありそれを見て初めて知る言葉でした。
その番組で知り得た知識は、腸内フローラというのは文字通りの腸内のお花畑というイメージで腸内に棲む細菌達のこと。
数としては100兆個以上もあるという番組の説明だったと記憶していますが、番組内で見た映像や言葉の意味を興味深々で最初から終わりまでとてもエキサイティングな番組でした。

私達が食事を摂ると腸内で細菌達がそれを食べて分解をする。
そして分解をするその時に、同時に色々な物質を出すのだそうです。
驚いたのは、それら出された物質が例えば肥満を抑える働きをしたり癌になりやすい体になったりするという研究が進んでいるというお話です。
つまり腸内細菌には驚異のパワーがあるというのです。

腸内細菌を活性させるには食物繊維を摂ることが大切だという事でした。
一番最初に驚かされたのは、腸内フローラによって脳への影響も及んでいるという研究が進んでいる。
性格も腸内フローラが影響しているのだそうです。
例えば、性格の違うマウスの腸内フローラを入れ替えると、なんと性格までそっくり同時に入れ替わった実験が出ていて何度おんなじ実験をしても結果は同じになるとのことです。

次に驚いたことは、腸内にはある種の抗体があって(たしかIGA抗体という名前)、その抗体に守られた細菌だけが人の腸内の粘液層に潜り込む事が出来るそうです。
ようするに人は、自分が選んで細菌を腸内に棲めるようにしているとのことなんです。

段々と研究が進んで、さらに驚異の細菌パワーを見つけることが出来れば難病といわれている病気と闘っている人達に役立つ開発が出来ると思います。
人のパワーは筋肉モリモリの体が一番という考えがありましたが、そのためには腸内環境、いわゆる腸内フローラのパワーをうまく自分に活かせる環境つくりが大切なんだとと思った。

最後に、ずっと感じていた事ですがトイレのあとの臭いが母親とそっくりな事をずーっと以前から感じていました。
きっと母親から腸内フローラを引き継がせて頂いたからなのだろうか。
今は亡き母ですが、もしそうだとすれば、本当に大切な宝物を頂いた事だと思います。

生活習慣を整えると腸内環境がよくなる

私はあまり、便秘になったことがありません。
大体、朝食後に便通があり、多い日で一日に3回ほどあります。

毎日決まったことをしていると言えば、毎朝決まった時間におきて、
朝食にはヨーグルトと食パンを食べています。
フルーツがおいしい時期にはフルーツを食べたり、グラノーラも、たまにヨーグルトに入れて朝食で食べていたりします。
それから、少し歩きにいったりして軽い運動をしております。

また、自宅で作ったものを食べるように心がけています。
昼食はしっかり炭水化物を摂取して、夜はサラダとお魚などを食べるようにしています。
毎日サラダは必ず作るようにしています。
食べる順番も決まって、サラダから順番に食べています。

食生活は外食をあまりしないので、自分で気にして食べているほうだと思います。
また、睡眠に関しても、睡眠不足になると体がしんどくなるので、、毎日しっかり8時間ほど寝ております。

ちゃんとした生活習慣を整えれば、私のように便秘も解消され、腸内環境も綺麗に整えられると思っています。
下痢にもなったことがないので、このまま持続できたらと思っております。

また、最近ですが、ココナッツオイルを飲むようになりました。
体に良いと友人からすすめられて購入してみました。
始めは、オイルなので少し抵抗があったのですが、ココナッツのいい香りもするので、
私は、毎食食べる前に、コーヒーに入れてのんでおります。

ココナッツオイルの腸内環境を整えてくれると聞きました。
今の生活スタイルにプラスになればよいなと思っています。

過敏性腸症候群を改善したい

私は胃腸が弱く、よく油っぽいものを食べたときや、ストレスを感じたときにお腹が痛くなり、下痢になることがあります。
1週間以上下痢が続き、病院を受診したこともあります。
その際は、過敏性腸症候群と診断されました。処方された薬を飲んだところ症状はすぐにおさまりました。

昔からこのような体質なので、食事でなんとか改善したいと思い、毎日ヨーグルトを摂るようにしていましたが、特に変化は感じられませんでした。
便秘の人にはヨーグルトなどの乳酸菌を摂る事は効果的なのかもしれませんが、便秘ではなく、胃腸が弱い体質の人には向かないのかもしれません。

私の場合、ストレスで下痢が起こる時は、徐々にお腹の痛みが出て来て、便も少しずつ柔らかい日が増えていくというサインがあるので、ストレスに影響を受けている予感がした際は早めに薬を飲むようにしています。飲んでいる薬はドラッグストアなどに売っている漢方です。以前薬剤師さんに症状を説明した際にオススメされたものです。その漢方をのんで2日ほど経つとほとんどの場合は下痢が治っています。

油っぽいものを食べて、お腹が痛くなり下痢になるときは、食べて10数分後に急激に痛くなります。その後何度もトイレに駆け込むことになりかなり辛いです。本当にひどいときは、吐き気がして冷汗が止まらなくなります。一度なってしまうと何度も下痢を出さないと治らないので、出来るだけお肉や油っぽいものを食べるのは控えています。どうしても食べないといけないときは、先にお米を多く食べておいたり、牛乳を飲んでおいたりします。効果は確実ではないかもしれませんが、気休めにはなっていると思います。

健康と美容のために腸内環境を整える

腸内環境を整えることで、健康や美容にとても良いと思っています。
そのため毎日オリゴ糖をとるように心がけています。たとえば、ヨーグルトにかけたり、パンにジャムの代わりにつけたり、料理に使うこともあります。また、食事の際には野菜をできるだけ多く食べるようにしています。お肉が中心だと消化分解に時間がかかり、負担になるからです。野菜をできるだけとるために、食事は和食を中心としたものにしています。そうすることで、腸内環境が改善され、お通じも良くなります。
また、日ごろから水分を多く取るようにしています。水分不足になるとやはり便が固くなってしまい、便秘になることもあります。そうならないためにも適度な水分補給が必要だと思っています。のどが渇いてから飲むのではなく、のどが渇く前に定期的に水分補給を行います。飲み物もあまり冷え過ぎたものばかりだと、腸だけでなく胃にも負担がかかってしまうので注意が必要です。
そして、軽い運動も大切だと思います。やはり、体を動かすことで体内の循環も良くなると思います。そうすることで腸の動きも活発になり、便秘の改善につながるのではないでしょうか。便は体の中の毒素を出すためのものです。便秘になってしまうと、毒素が体内に残ったままになってしまいます。外に出て運動をしなくても、家で腹筋を行ったり、腰を捻ったりと自分のできる範囲で毎日続けることが大事だと思っています。
日ごろから意識しているからか、私は便秘になったことが1度もありません。一つだけでなく、様々なことを総合的に行うことで、腸内環境が改善し、健康につながると思います。